現実にコンピュータのディスプレイの前に座り、休むことなく上下しているマーケットを見ていると理由無くエントリーをしたくなるという思いが生じる状況も少なくありません。ポーラオルビス

しかし、漠然とした直感でエントリーすることは、間違ってもしてはいけません知っての通り、外国為替相場は24時間、常時為替相場が関いているし、レートもいつでも、変化しています。カイテキオリゴ 問い合わせ,

とは言っても、考え無しにトレードを重ねていると、それだけ損をする率が上がります。スポーツベット おすすめ

当たり前ですが、売り買いの数を積み重ねる事で、利益を上げられる確率が50%、50%になるのは事実です。夏休み限定バイト

しかしこの事実は「漠然としたアイデアで売買」してしまうこととは話が違います。森山ナポリ

取引回数を重ねるとは自分で「ここで勝負」と直感した感覚を得られたケースでの注文回数を積み重ねるという意味です。 どうしても疲れが取れない時には発酵黒にんにく酢卵黄の効果がすごい!

理由がなく、休む間もなく売買をするのとはかなり違う。味噌汁だし

外国為替市場の駆け引きにi挑むには自分が深く考えてメリハリをつけることが大切です。

「ここは勝てる」と思い至った相場の時には保持ポジションを多くして、積極的に儲けを追い求めます。

「明らかに難解な相場でどう変化するのか予想できないな」と思ったならばポジションをひとつ残さず諦めて何もしません。

このぐらいのリズムをつけた方が結果的には売買は儲けられます。

為替相場の格言には「休むも相場」というものがある。

本当にその通り。

FXとはいつもポジションを保持する事が大事ではなく、何も所持せず待っている事も時には相場なのである。

では、どの場面で、休みどきなのでしょうか。

第1に言われるのが先述した通り、今の相場展開が明確に判断できない時です。

ドル高になるのか、ドル安になるのかが決める事が出来ない時は、分からないまま行動すると、考えた筋書きとは逆の方向に市場が推移してしまい損する事になってしまいます。

こういった時はポジションを減らして様子を見ているのがいいと思います。

次に、自分自身の体の状態があまりよくない時です。

体の具合と外国為替市場に何の影響も与えないと思う方もいるだろうが。

実は関係がある。

体の状態が変な時は相場の重要な局面で、必要な判断を下すことができなくなります。

気分が乗らない時はマーケットから遠ざかる事も大事なことだ。