自己破産の申し立てまでの間は裁判などの手続きは承認されます。とりわけ破産の事務手続きに入ったあと申し立てまでに手数がかかるケースでは訴えられる危険が上昇します。債権保持者サイドとしては未納分の支払いもせずに重ねて自己破産といった司法上の処理もされない状況であると団体内で対応を実行することができないせいです。要するに審議によってどういう裁決がもたらされようとも自己破産の申請人に借金を支払う資産はないということです。債権人も把握しているので訴えという威嚇で都合よく和解に進めて借金者の家族や一族に返金してもらうというようなことを考えている場合も存在します。(補)2005年の1月1日に改正の新しい破産法において破産申請をすると差し押さえといった法の手続きは効果がなくなることとなります。ですから、破産法の時とは違って裁判提起などをしようとも無駄になる見込みが高いということになって訴えをやってくる取り立て企業はほぼすべて消滅すると予想します。そういうふうな意味でも西暦2005年の1月1日に改正されて自己破産制度はそれまでと比較して利用しやすくなったといえるでしょう。返済督促の際ですが督促とは法が借金人に直接、負債の返済をするようにという督促です。一般の訴訟をする流れとは異なって、取り立て屋の都合の良い主張を受けて進められるため一般の法廷のように日にちと代金が高くなりすぎないので、業者がよく採用する司法手段です。裁判所の督促の請求がなされたら裁判所発送の督促状が送付されることとなり配達されてから2週間以上が経つと業者は負債人の資産(給与債権などを入れて)に差押え行動がなせるようになります。支払督促に対抗して異議申し立てを出すことができるならスタンダードな審議に移っていくこととなります。(補注)オーソドックスな審理は時間がかかりがちなものですので、免責が出るまでには判決が分からない予測が濃厚になることは知っておきたいです。